August 09, 2006

世界旅行 第11段 Peter Eisenman 01

Holocaustdenkmal_berlin_1Holocaust-Denkmal Berlin 』 
設計:Peter Eisenman
所在地:ドイツ - ベルリン
竣工:2005

  

 

戦後60年を経過した、ナチス・ドイツの残虐さと

ユダヤ人犠牲者の苦悩を伝えるモニュメント

  

ブランデンブルク門に近接する一等地に国費2760万ユーロ(約37億円)をかけて建設され、サッカー場一つが入る広さの敷地内には犠牲者の墓をイメージした2711個の黒いコンクリートが並べられている。

地下はユダヤ人迫害の歴史に関する情報センター

 

設計者である Pアイゼンマン は、

「遠目には波打つ暗い海のように見える柱の間に身を置くと、ユダヤ人が味わった不安や孤独が身近に感じられるのだ」という。

一度行ってみたいものだ.

    
  

詳しくは コチラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

May 27, 2006

世界旅行 第9段 ?????

今回は問題形式にしてみました.

これはどこでしょう? 難易度 1

132

| | Comments (2) | TrackBack (0)

March 04, 2006

世界旅行 第8段 Frank O Gehry 03

guggenheim_museum_bilbao
『 Guggenheim Museum Bilbao』 
設計:Frank O Gehry
所在地:スペイン - ビルバオ
竣工:1998

世界で5番目のグッケンハイム美術館です.
この時代に計画された彼の作品は
外壁がオールステンレスのうねうねタイプですね.
最近はタイルや石を使った表現に
かわってきてるように思います.

それにしても,これ防水納まりはどうなってるんだろう・・・

| | Comments (6) | TrackBack (0)

January 15, 2006

世界旅行 第7段 Frank O Gehry 02

American-center

今回はakxy☆さんリクエストでお送りします

『La Cinematheque Francaise 
      旧:アメリカンセンター』 
設計:Frank O Gehry
所在地:フランス - パリ
竣工:1994

(写真の解像度が悪くてスミマセン)


パリのセーヌ川沿いに建てられた複合施設です.
川に向いた南側はゲーリーらしいうねうねした形態になっています
ちょうど川を挟んだ反対側に フランス国立図書館(設計:D.ペロー)があります


この施設は,パリに住むアメリカ人の社交場のようなもので,劇場や多目的ホール,図書館,レストラン,アパート等がありました.
「ありました」というのは、この建物は予算超過などの問題が起こり,
開館して19ヶ月で閉館してしまったそうです.
現在は,改装されて新しい施設に生まれ変わってるようです.

↓現在の写真
American-center2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 08, 2006

世界旅行 第6段 Louis I Kahn 02

salk_institute_for_biological_studies
『Salk Institute for Biological Studies(ソーク研究所)』 
設計:Louis I Kahn
所在地:アメリカ合衆国 - サンディアゴ
竣工:1960

ソーク研究所のトップページに出てくる建築の写真は
とてもきれいです.

更新ボタン押すと,建築写真と生物の写真が変わっていきます.
ソークはカーンに「ピカソが訪れる価値のある施設を作ってくれ」と言ったそうです.

さらに
この研究所のすごいところは,ノーベル賞を取られた研究員が複数いるってことです.
建築が研究者によい影響を与えてるのかな・・・

そんな建物があればおもしろいと思うし,作ってみたい.


次はどこへ行こうかな

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 03, 2006

世界旅行 第5段 Louis I Kahn 01

kimbellart

『Kinbell Art Museum』 
設計:Louis I Kahn
所在地:アメリカ合衆国 - フォートワース
竣工:1972

Kimbell といば,平面・断面の形態採光方法

自然光の取入れ方と断面形状のバランスがうまいからこそ
あの軽やかなコンクリートが表現できるのだと思います

ちなみに,右上に写ってる工事現場は
安藤忠雄設計のフォートワース美術館です

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 29, 2005

世界旅行 第4段

olympic_velodrome

『OLYMPIC VELODROME AND SWIMMING POOL BERLIN(オリンピック・ヴェロドーム)』 
設計:Dominique PERRAULT
所在地:ドイツ - ベルリン
竣工:1999

2000年のオリンピック誘致のために計画された施設,
惜しくもシドニーで開催されることになって,
本来の目的が果たせなかった施設

巨大な正方形プランの水泳用プールと円形プランのヴェロドーム(競輪用トラック)が盛土された敷地と屋根面が盛土された地表面と同じ高さになっているので巨大な建築が自分の眼下に広がるという光景を見ると圧倒されるんだろうなと思う.

空中から見ると,電子基盤に見える(笑)

詳しくはコチラ

| | Comments (0) | TrackBack (0)

December 27, 2005

世界旅行 第3段

experience_music_project

17に捧げる
『Experience Music Project(ロックミュージアム)』 
設計:Frank O Gehry
所在地:アメリカ - シアトル
竣工:2000

すげーデザインです.
現場監督つらいやろぉ~なぁ~.
RIONAHパパさん&G2さん,こーいう現場どーですか?
おいらは,現場監理やってみたいです.

詳しくはコチラ

| | Comments (5) | TrackBack (0)

December 25, 2005

世界旅行 第2段

villa_savoye

ぴょん吉からのリクエストに答えて今回はコレ
『Villa Savoye(サヴォア邸)』 
設計:Le Corbusier
所在地:フランス - ポワシー
竣工:1931

これについての説明はいりませんよね(笑)
右下にミニサヴォア(管理人小屋)も写ってます

| | Comments (2) | TrackBack (0)

December 24, 2005

世界旅行

FABEICA

最近 はまってるGoogle Earthで見つけた建物を紹介してみようと思う.

まず1回目は これ
『FABRICA』 
設計:安藤忠雄建築研究所
所在地:イタリア - トレヴィゾ
竣工:2000.06

柱までバッチリ見えます.

好評だったら続けようかな(笑)
かなりストックがあるので・・

| | Comments (3) | TrackBack (0)