« December 2005 | Main | February 2006 »

January 29, 2006

バボちゃん

ついに,バボちゃんまで ご当地シリーズが出てました

詳しくはコチラ


大阪はやっぱり予想どおり(笑)
東京がノーマルバボちゃんというのは中央局の強みか,それと東京が無個性なのか.

これに対抗して,
ご当地ぺんぞー なんてどうかな.

| | Comments (8) | TrackBack (0)

January 26, 2006

心に響いた言葉

『特別になる為ののウラ技なんてない,
  ただ,あたり前を積み重ねると特別になるだけである.』


そして 最近思う
 
  創造とは 記憶と記憶の足算   だなと.

| | Comments (0) | TrackBack (0)

January 24, 2006

トリビア~ん.

今回はちょっと趣向を変えてみました.


HOMMACI
大阪市営地下鉄で唯一の黒字路線である御堂筋線
(公営地下鉄の中で一番黒字を出してるらしいです.でも赤字経営.なのに庁舎2004年に新調 180億円.屋上にはヘリポート付)
本町駅コンコースにある照明です.

よぉ~くみてください

そこには


『HOMMACHI』


それでほんとうにいいの?


これにGOサインを出した人はだれなのだろうか


そして、何人の人が知ってるのだろうか.


他の駅にもあるのだろうか


本町をアルファベットで書くとなぜ 
『N』ではなく『M』を使うのだろうか


いろいろナゾは出てくるばかりである(笑)


そーいや 難波もNAMBAだったな.
高校での英語テストで難波をNANBAと書いて×になったクロでした.
(/TДT)/あうぅ・・・・

| | Comments (5) | TrackBack (1)

January 15, 2006

世界旅行 第7段 Frank O Gehry 02

American-center

今回はakxy☆さんリクエストでお送りします

『La Cinematheque Francaise 
      旧:アメリカンセンター』 
設計:Frank O Gehry
所在地:フランス - パリ
竣工:1994

(写真の解像度が悪くてスミマセン)


パリのセーヌ川沿いに建てられた複合施設です.
川に向いた南側はゲーリーらしいうねうねした形態になっています
ちょうど川を挟んだ反対側に フランス国立図書館(設計:D.ペロー)があります


この施設は,パリに住むアメリカ人の社交場のようなもので,劇場や多目的ホール,図書館,レストラン,アパート等がありました.
「ありました」というのは、この建物は予算超過などの問題が起こり,
開館して19ヶ月で閉館してしまったそうです.
現在は,改装されて新しい施設に生まれ変わってるようです.

↓現在の写真
American-center2

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 11, 2006

行ってきました

IMGQ_9121
今日は,自営を始めたので,ぜひご利益を頂こうと,今宮戎のえべっさん参りに行ってきました.


3日間で100万人が訪れると言われるこの祭り
えびす様は全国的に有名なのだが,
大阪と兵庫(西宮)と福岡などなどの西日本の一部でしか
行われていないのだろうか.


現地では
「商売繁盛で笹持って来い」のフレーズで有名な「福笹」に
福娘から縁起物(吉兆)をつけてもらって願掛けをするのだが,
商売の祭りだけあって,商売がうまい.

この福笹,境内で無料で配られているのだが,これがまた大きくて
これに縁起物を1つや2つ程度つけたぐらいではなんとも寂しい.
ほんでまた,付けてくれる人がきれいなお姉さんで,
おじさんたちは,ついつい付け過ぎる(笑)


1こあたり平均1500円程度するので,あっちゅーまに1万円は超えていく.ほんでもって,これが飛ぶように,バーゲンで争うかのように買われていくのだ   ここはおじさんの戦場か・・・


IMGQ_93311

おいらは,祈願とベーシックな縁起物を購入して帰って来ました.

それにしても,福娘。はきれーな人が多かったな ...( = =) トオイメ

| | Comments (3) | TrackBack (0)

January 08, 2006

世界旅行 第6段 Louis I Kahn 02

salk_institute_for_biological_studies
『Salk Institute for Biological Studies(ソーク研究所)』 
設計:Louis I Kahn
所在地:アメリカ合衆国 - サンディアゴ
竣工:1960

ソーク研究所のトップページに出てくる建築の写真は
とてもきれいです.

更新ボタン押すと,建築写真と生物の写真が変わっていきます.
ソークはカーンに「ピカソが訪れる価値のある施設を作ってくれ」と言ったそうです.

さらに
この研究所のすごいところは,ノーベル賞を取られた研究員が複数いるってことです.
建築が研究者によい影響を与えてるのかな・・・

そんな建物があればおもしろいと思うし,作ってみたい.


次はどこへ行こうかな

| | Comments (2) | TrackBack (1)

January 03, 2006

世界旅行 第5段 Louis I Kahn 01

kimbellart

『Kinbell Art Museum』 
設計:Louis I Kahn
所在地:アメリカ合衆国 - フォートワース
竣工:1972

Kimbell といば,平面・断面の形態採光方法

自然光の取入れ方と断面形状のバランスがうまいからこそ
あの軽やかなコンクリートが表現できるのだと思います

ちなみに,右上に写ってる工事現場は
安藤忠雄設計のフォートワース美術館です

| | Comments (2) | TrackBack (0)

January 01, 2006

あけましておめでとうございます

hinode

昨年は,たくさんのコメント&トラックバック
ありがとうございました
今年も,ゆるりゆるりと更新していきますので
よろしくお願いします,ぺこ <(_ _)>


それと,

HPを作りました.
まだまだ作成途中ですが,
一応カタチにはなってきたので公開します

クロ 事務所バージョン
http://www.eonet.ne.jp/~matunami-net/

| | Comments (11) | TrackBack (0)

« December 2005 | Main | February 2006 »